結婚式の二次会をより楽しくさせるために行うこと

二次会を盛り上げる

二次会の価格の相場について。

結婚式などの二次会をまかされた幹事は金額にも注意しながら、進めていかないといけませんよね。 だいたいが今、二次会は会費制にしています。 男性が女性より少し高くなり、余興を含めての値段として6000円〜8000円くらいになります。 またお店によりますが、幹事は段取りや進行をすすめていかないとダメなのであまりご飯も食べれないので無料にしているところもあります。 二次会の余興の目玉としてビンゴゲームがあったりします。 その賞品を選び購入しますが、それは新郎新婦からの予算で幹事が買い揃えるので値段はバラバラです。 二次会は新郎新婦を楽しませる側にまわらないとだめなのでサプライズやたくさんの感動を与えられるようにしたいです。

幹事がすることについて。

今までの結婚式の幹事は今みたいな二次会を行ったりはしませんでした。 司会をしたり進行をすすめたりする仕事でした。 しかし近代の幹事は新郎新婦からお願いをされ、後の流れは任せるといったかたちになります。 なのですごく忙しく大変な役割になります。 新郎新婦に秘密でサプライズのものを作ったり、二次会の受付をしたり、 またお店にでむいて、飾り付けや音響の打ち合わせをスタッフさんと相談しないといけません。 それを仕事や家庭の間にしないといけないのが大変だと思います。 でもそれ以上に新郎新婦という大好きな友人のためになら、頑張れるものです。 ここ最近は新郎新婦の両親もサプライズのビデオなどに出演をし、びっくりさせてたりします。

記事一覧

年賀状を印刷する

年賀状は、お世話になった人に一年の感謝を伝えると共に今後の付き合いも良くしていくものになります。また、文章だけではなく写真なども一緒に印刷して送ることで喜ばれるといえます。

詳細を見る

サービスを利用

電子化が進んでいる近年、多くのものが取り込まれています。そのため、取り組む際に利用出来るものにスキャンサービスがあり、依頼することで簡単に電子化することが出来るといえます。

詳細を見る

案内をつくる

新入社員などに渡すものに会社案内があり、会社案内は自社で作成しているところもありますが業者に依頼することも出来ます。また、インターネットからでも依頼することが出来るため便利といえるでしょう。

詳細を見る

送るタイミング

親族など亡くなった場合、喪中印刷をして送る必要があります。また、送るタイミングもあるため送る際には確認してから投函するようにしましょう。喪中印刷は、ネットでも行えるため時間がない人でも利用することが出来ます。

詳細を見る

ポスターの印刷

ポスターは、目的に合わせて活用することが出来ます。また、広告用として利用される場合、印刷方法なども把握しておくと良いでしょう。ポスターによっては、水に濡れても吸収せず弾くタイプのものもあるため便利といえます。

詳細を見る

↑ PAGE TOP